So-net無料ブログ作成
検索選択

富士通、カリスマモデル「モモエリ」とコラボレーションした個人向けパソコンを発表

Tokyo, Mar 16, 2010 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(TSE:6702)はこのほど、個人向けオールインワンノートPC「FMV-BIBLO LOOX Mシリーズ」において、カリスマモデル「桃華絵里(ももかえり)」さん(通称:モモエリ)がデザインプロデュースした「モモエリ」スペシャルコラボレーションモデルを3月25日より販売開始します。主な特長ママと社長業に大活躍のカリスマモデル「桃華絵里(ももかえり)」さん(通称:モモエリ)がデザインプロデュースした女性が持って周りに見せたくなる、かわいいピンクカラーのネットブックを新規で販売します。ネットブック「LOOX Mシリーズ」でご好評いただいているラウンドフォルム・デザインを活かし、カラーリングはモモエリさんこだわりのモモエリピンクを採用しています。また、天板にはかわいらしいハートマークを並べ、パームレスト部には「モモエリ」ロゴがさりげなくデザインされています。従来の「LOOX Mシリーズ」の基本性能や使いやすさをそのままに、手に持ったかわいらしさを追求したパソコンです。モモエリさんのコメント「LOOX Mシリーズ」は、キラキラ輝くシルバーと丸くてやわらかいカタチがステキでした。今回のコラボレーションは、私が大好きなハートとピンクでデコレーションして、今までにないデザインになりました。可愛いを追求したパソコンなので幅広い皆さんに使っていただきたいです。モモエリさんのご紹介桃華絵里(ももかえり) 通称:モモエリ1981年8月28日生まれ。静岡県在住。20代女性に絶大な人気を博しているファッション雑誌「小悪魔ageha」元専属モデル。現在、「株式会社Moery」代表取締役として、プロダクション事業、ドレス企画デザイン、メディアコンサルタント、プロモーション事業、美容コンサルタント、Eコマース事業、ライセンス事業を手がけるなど、幅広いジャンルで活躍中。新商品の仕様*価格は、オープン価格となります。FMV-BIBLO LOOX M/G30(型名:FMVLMG30PK)提供時期: 2010年3月25日インテル(R) Atom(TM) プロセッサー N450(1.66GHz),10.1型ワイド液晶(LEDバックライト採用,スーパーファイン液晶)[1,366768ドット],1GB(DDR2 PC2-5300)メモリ,250GB-HDD,無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n準拠),WiMAX,Bluetooth(R) ワイヤレステクノロジー,ブロードバンド・ポート(LAN)(100BASE-TX対応),USB2.03,USBクライアントポート,ダイレクト・メモリースロット(SDメモリーカード対応),Webカメラ,フラットポイント,スクロールパッド,Windows(R) 7 Starter 32ビット 正規版詳細は下記URLをご参照ください。http://pr.fujitsu.com/jp/news/2010/03/16.html富士通株式会社詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。Source: 富士通株式会社

新生活を録りつくす新オリンパスペン「E-PL1」に死角なし【新生活特集】

新生活がスタートすれば、新しい出会いや世界が待っています。その一つ一つの出来事が、人生であり、生きていく足跡となります。そうした思い出の1コマを残せる道具がカメラです。一眼レフデジタルカメラのように大きくもなく、重くない。バックに入れて手軽に持ち歩ける オリンパス マイクロ一眼「E-Pen」も気がつけば、早くも3世代目が登場しました。新生活には、今まで知らなかった発見や経験が、いたるところであなたを待っています。新しい仕事、新しい友人・同僚、新しい住まいと環境での生活の一瞬を写真として記録する。ケータイやコンパクトデジカメでなく、より高い画質と情報で残しましょう。ただ記録するだけではなく、心に響いた感動を写す。それができるのがマイクロ一眼の魅力です。一段とコンパクトになった本体は、バッテリーメモリーカードを入れてもわずか344g。バックの中にすっぽり収まり、瞬時に取り出しシャッターを切る。液晶の中には、あなたの心に響いた世界で1枚の景色が納められています。オリンパスペン「E-PL1」いつも通る道で、ふと目をとめた小道の草花にマニュアルフォーカスでピントあわすことも、絞りを開けて背景をぼかすことも、E-PL1なら期待を裏切らずに応えてくれるでしょう。E-PL1には、新生活に役立つ嬉しい機能が追加されています。その一つが、内蔵ストロボです。暗いシーンでもきれいにとれるE-Penシリーズですが、E-PL1には本体にストロボが搭載されました。歓迎会や酒宴の席など、記念撮影や集合写真でもシャープできれいな写真をバッチリ残せるほか、照明のまったくない暗いシーンでもフラッシュで一瞬を写しきれるようになりました。ストロボ内蔵で暗いシーンもシャープにもう一つは、動画撮影専用ボタンです。これまでのように、モードダイヤルを切り替えなくても、構えたままワンプッシュでHD動画を撮影することができます。大切なスピーチや講演、イベントなど、とっさのチャンスも動画で残すことができます。動画撮影専用ボタンで動画撮影も簡単別売りの電子ビューファインダー「VF-2」を装着すれば、明るい屋外では見えずらくなる液晶からファインダーに切り替えて撮影ができます。またビューファインダーを起こせば、ウエストポジションやローアングルでの撮影も楽々できますので、日常とは違った景色を覗くこともできるでしょう。3世代目となるE-PL1は、あたらしい機能により、新生活を余すことなく記録できるカメラとなっています。私たちが、今日までカメラという道具を手放せなかったのも、生活の中で思い出を写しだせるからなのかもしれまません。新生活を「匠(たくみ)」のカメラで豊かなものにしてみませんか。・新生活特集 2010 SPRING - livedoor HOMME■新世代マイクロ一眼 OLYMPUS PEN LiteE-PL1

<足利事件>遺族に警察担当者が謝罪(毎日新聞)

 菅家利和さん(63)の再審無罪が確定した足利事件で、被害者の保育園児、松田真実ちゃん(当時4歳)の遺族に、警察庁と栃木県警が謝罪したことを、県警が20日の定例会見で明らかにした。

 会見によると、警察庁・県警担当者計4人が真実ちゃんの母親らと8日、宇都宮市内で約1時間面会。「真犯人を検挙することなく時効を迎えた」と謝罪し、検証結果報告書の内容と再発防止策を説明した。県警刑事総務課によると、遺族は「当時はそれぞれが一生懸命(捜査を)やっていたんだと思います」と理解を示したという。【吉村周平】

【関連ニュース
足利事件:菅家さんの選挙権回復 10年ぶりに名簿登録
名張毒ぶどう酒事件:「再審決定を」支援者が高検に要請
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
足利事件:報告書公開 個別事件情報のウェブ上公表は異例
警察庁長官:「初動捜査の高度化」指示 全国刑事部長会議

<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
空自緊急発進299回…最多は露機の197回(読売新聞)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)
中国潜水艦 2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)

ユニットコム、日本橋活性化キャラ「音々ちゃん」のネットブック、音声も収録

写真拡大Neon PC 101IW-N2  ユニットコムは、アニメやゲームのキャラクターデザイナー、いとうのいぢさんがデザインしたキャラクター「音々ちゃん」をプリントしたネットブック「Neon PC 101IW-N2」を、3月21日から50台限定で発売する。パソコン工房本店、TWOTOP大阪日本橋店、Faith大阪日本橋店のみでの販売で、価格は4万9980円。 ユニットコムのプリントノートPCの第1弾として、昨年6月に即日完売した14インチノートPCの復刻版として発売。本体天板に、大阪・日本橋まちづくり振興株式会社が日本橋の活性化を目的に考案したキャラクター「音々ちゃん」を、ピンクを基調にプリントした。 購入特典として、声優の松岡由貴さんが担当した音々ちゃんの声のシステム音声を収録。例えばWindowsの終了時は「おやすみなさい」、Windowsのログオン時は「今日もはりきっていくで」、メール受信時は「メールがきたよ〜」などの音声を楽しむことができる。「お帰りなさい、ご主人様」などメイドバーションの音声データも特別収録した。デコレーションシールが付属する。 CPUはインテルのAtom N280を搭載。メモリは1GB、HDDは250GBで、ディスプレイには高解像度のWSVGA液晶を採用した。OSはWinodws7 Starter正規版で、IEEE802.11b/g対応の無線LANを標準装備する。【関連記事】売れ筋ランキング【ネットブック】ユニットコム、デュアルコアCPUとLED液晶を搭載したCULVノートPCユニットコム、秋田県秋田市に「パソコン工房」の新店舗をオープンユニットコム、15.4型フルHD液晶搭載ハイエンドノートPCユニットコム、解像度1920×1200など15.4型ワイド液晶ノートPC、2機種

道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)

 平成22年度の国の直轄国道の予算配分に、民主党や都道府県の要望が9割近く反映されていることが4日、国土交通省が発表した国の公共事業別予算配分(個所付け)に基づく産経新聞の集計で分かった。利益誘導の実態があらわになった格好。また、夏の参院選で民主党候補の苦戦が予想される選挙区には特に手厚く配分したようだ。鳩山由紀夫首相が掲げてきた「コンクリートから人へ」という理念は、選挙優先主義の前でねじ曲げざるを得なかったとみえる。

[表で見る]47都道府県の道路予算の個所付け(2)
 知事や民主党都道府県連の要望(321件)のうち、個所付けに反映されたのは280件、反映率は87・2%。要望がすべて反映されたのは23都道県。金額ベースでは概算要求比で、平均23%増加した。3割以上アップも12都道府県に上った。

 最も増加率が大きかったのは鳥取県の47・1%。同県は前回衆院選で、民主党が県内で全敗しており、同党にとって重点選挙区の一つ。同様に全敗した福井県も38・6%増(増加率5位)だった。一方、支持基盤が盤石な小沢一郎幹事長の地元、岩手県は要望反映率54・5%、増加率24・8%と低かった。弱点区に手厚く、万全の選挙区には薄いという配分の仕方は、個所付けが参院選対策だったひとつの証拠とも言える。

 民主党は昨年末、地元からの予算に関する要望をもとに、同党の政党要望を政府に突きつけた。その際、自公政権時代のやり方を一変させて地方からの陳情、要望の扱いについては受け入れ窓口を都道府県連を通じる形で幹事長室に一本化した。この結果、自公政権時代よりも与党の政治的な思惑を予算にストレートに反映しやすいシステムになった。

 前原誠司国交相は昨年10月に直轄国道の新規着工の原則凍結を表明、3年以内の完成が見込めない国道約150路線を凍結する方針を示した。だが、実際は継続事業のほとんどに予算配分され、凍結されたのは青森県の国道7号浪岡バイパスなど4路線だけ。脱コンクリートは、かけ声倒れの印象はぬぐえない。

 前原氏は3月30日の記者会見で、個所付けが民主党の選挙対策と指摘されることについて「新規を全部凍結したことで地方からは批判されているし、継続事業については厳密に精査した」と述べて否定した。だが、「自公政権よりあからさまなやり方だ」(自民党中堅)との批判は消えそうにない。

【用語解説】個所付け

 道路、河川整備など公共事業の予算、補助金を地域の個別事業に配分すること。国土交通省が予算成立後、各地方整備局を通じて自治体に通知する。与党議員が地元への利益誘導を図るため、個所付けに影響力を及ぼす場合がある。

【関連記事】
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
箇所付け問題で、鳩山首相が前原国交相を口答注意
個所付け 思惑絡む公共事業予算配分
要望部分削った?個所付け資料判明
個所付け問題で予算委紛糾 自民が怒るワケ

踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)
拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子(医療介護CBニュース)
公務員の政治活動巡る逆転無罪、東京高検が上告(読売新聞)
皇后さま 小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)

厚労省再生元年の原動力に―長妻大臣が新採職員に訓示(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は4月1日、新規採用職員入省式で、「政権交代後初の採用。厚生労働省再生元年の原動力になっていただきたい」と、約100人の新職員に訓示した。

 長妻厚労相は、同省再生のため組織力の強化に取り組み、「国民に奉仕する役所に生まれ変わらせる」との決意を示した。その上で、一番重要なことは「現状把握能力」と強調。「現状を正確に把握していないと、どんなに立派なビジョンの政策も的外れな政策になりかねない」と述べた。
 また、現状を把握する上で障害となるのは「おごり」と指摘。「『おごり』は事実を見る目を曇らせ、批判を聞く耳をふさぎ、全体像を正しく想像する思考を鈍らせる」とし、省全体から「おごり」の一掃に取り組む考えを示した。

 さらに、厚労省には新しい政策を分かりやすく説明する能力や、政策の効果や影響を検証する能力などが不足しているとの認識を示し、「これらの能力に注力して仕事をしてほしい」と呼び掛けた。


【関連記事】
「組織改革本番の年に」―長妻厚労相
「今は介護を立て直す大きなチャンス」−長妻厚労相が「介護の日」に
「コンクリートから人へ」で医療費抑制を転換―鳩山首相が所信表明
長妻厚労相、「まず現状把握」
「マニフェストの熟読を」―長妻厚労相が訓示

容疑者不詳で書類送検=長官銃撃で警視庁(時事通信)
空き巣のベランダから隣へ 新手の空き巣横行 昨年から大阪市内で20件(産経新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)
<首相・閣僚会見>(3)「庁舎管理」で制限も(毎日新聞)

一度は必ず乗ってみたい!世界最古のモノレール「ヴッパータール空中鉄道」

写真拡大ドイツのヴェストファーレン州ヴッパータールで運行されている“世界最古のモノレール”が、海外のインターネットサイトで紹介されて注目を集めている。1898年に着工、1901年に開通したこのモノレールは「ヴッパータール空中鉄道」と呼ばれるもので、その名の通りレールの下に車体が位置する懸垂式。まるで遊園地のゴンドラのような印象で、見ているだけでワクワクする。総距離は13・3キロ、オバーバーメンからフォルヴィンケルまでの全20駅に停車する。総距離の3分の2はヴッパー川上空を走行するが、これはヴッパータールが山間の工業都市のため、レールを設置する土地を確保できなかったことが原因だとされている。約110年の時間を経た現在も“世界最古のモノレール”は乗客を乗せてヴッパータール市街を走っており、世界で最も安全な乗り物としての呼び声が高い。“市民の足”として活躍していることはもちろんだが観光客からの人気も高く、1年間の利用者は2万5000人に達するほど。ドイツ旅行に出かけた際は、ついでに空中散歩を楽しんでみるのもいいかもしれない。■参考リンクWuppertaler Schwebebahnこのニュースの元記事を読む■関連記事【ドイツ通信】ドイツのバレンタインデーで気を付けること4つ【ドイツ通信】ドイツの飲酒運転の罰則は日本より0.02%優しい【ドイツ通信】高速道路に自転車も入れちゃうドイツ!【ドイツ通信】ドイツでは無料でオペラを観ることができる【ドイツ通信】フランクフルトの駅前ってどうなの?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。